トップページ > ニュース > 労働 > 労働委員会法(改正)

労働委員会法(改正)

<法律第13904号 2016年1月27日>


1.改正理由及び主要内容

 現行法は、労働委員会の委員の除斥・忌避等の要件として、委員が当事者の代理人として業務に関与し、又は関与していた場合を規定していながら、委員の属する法人が当事者の代理人として当該事件に関与する場合については規定していないため、利害関係を有する可能性のある事件に関与することとなるおそれがある。
 ここに、労働委員会の公正な職務執行のため、委員の除斥・忌避等の要件を強化しようとするものである。

2.施行等

第1条(施行日) この法は、公布した日から施行する。

第2条(委員の除斥・忌避に関する適用例):省略

戻る
株式会社 韓国法令出版社