トップページ > ニュース > 労働 > 労働委員会法(改正)

労働委員会法(改正)

<法律第12629号 2014年5月20日>


1.改正理由及び主要内容

 罰金刑は、懲役刑とともに刑事処罰の代表的な手段として誰もが認める公正性及び合理性を備えるべきであるにもかかわらず、わが国が高度経済成長を成し遂げた時期に設けられた処罰規定は、その当時の物価水準を反映したものであって、その後、長い歳月が流れてわが国の経済環境が変わるに伴い、違反行為の不法性に比例する処罰としての意味が退色したまま今日に至っており、罰金額を懲役1年当たり1千万ウォンの比率で改正することによって罰金刑を現実化し、刑罰としての機能を回復させて一般人に対する犯罪抑制力を確保しようとするものである。

2.施行等

 この法は、公布した日から施行する。

ګ
戻る
株式会社 韓国法令出版社