トップページ > ニュース > 労働 > 派遣勤労者の保護等に関する法律(改正)

派遣勤労者の保護等に関する法律(改正)

<法律第12632号 2014年5月20日>


1.改正理由及び主要内容

 行政法規のうち相当数は、その法規内に規定されている各種義務の履行を確保し、行政行為の実効性を維持するための手段のひとつとして行政刑罰を規定しているが、類似する違反行為に対して各法律が規定する法定刑のなかには、他の法律と比べるとその処罰の程度が過度であり、又は過少なため、合理的に説明することができない偏差が存在するのが現実であり、法律が国民の最も基本的な基本人権である身体の自由及び財産権を侵害する刑事処罰において合理的な理由なく差別する違憲性を除去し、不法性に相応する処罰がなされるよう法定刑の偏差を調整しようとするものである。

2.施行等

 この法は、公布した日から施行する。

戻る
株式会社 韓国法令出版社